遠隔ロータープレイを前戯代わりに講じる最高のエロセックス

前回のPCMAXクチコミの続きが倍加されていましたので早速紹介したいと思います。【42歳の神奈川県内男子】ファミレスのモータープールで主人のパンティーに取り付けたのは遠隔タスクのできるローターなんですよね。助っ人イベントに陣取る初対面の主人のスカートを捲り、パンティーの中にローターを用立てる時は、ほんとにドキドキして、それだけで異様なほど興奮しました。モータープールには車の出入りがそこそこあったし、初対面の女性にこんなことをしているんだと考えただけでも我慢汁が出てきました(笑)まぁ僕よりも主人の方が大層ドキドキしていたようですけどね。用立てるところパンティーの中にアームを加えると、今や少し濡れていました。けれども、その場合に触れたら恥ずかしそうにして要る主人に悪いので、僕は自分の股間が熱くなっているのを悟られない様に、ローターを備え付けると、下ろした主人のパンティーを上げ、交替を入れて発動を確認すると車を走らせました。最初はローターの交替を前後として、「どうして?」と主人に聞くと、「何か違和感ー」と言って照れていました。そのままの状態で車を20当たりくらい走らせて、大きな森林公園に到着しました。その公園のモータープールに車を止めて、公園拍子の散策を始めたんです。散策を通して数分経つと、僕はローターの交替を「前後」から「内」にしました。そうすると主人は顔を変えて、「あっ!」っとちっちゃな音声で言いながらお尻を突き止めました。主人は僕のPCMAXのメモリーを一切読んだと言っていたので、遠隔ローターの事はデータにはあった様ですが、メモリーでよむのとリアルでは全然違うみたいで、交替はいまだに三場面の中程なのに本当に捉えちゃっていました。「どうして?涼しい?再び濡れてるんでしょ?まだ三場面のうち中程なんだよ」と言って、僕は少し意地悪な笑顔を浮かべました。主人は「え?」「すでにまずいよ。。」そんなふうに言って苦笑を通じていました。その動作を見た意地悪な僕は、正面から犬の散策をしながら歩いて来た人が近付いたタイミングで交替を「オーバー」にしたんです。そうなると主人は、一目腰が引けていましたが、周りに悟られない様に精一杯歩いていました。ローターの交替をオーバーに添えると、二度と健康が火照っているのか、寒い曇りの天気だったのに、着ていたオーバーを脱いでしまいました。ここからは終始ローターの交替を強のとおり散歩しました。ひとしきり散策が終わった後、旅館へ直行したんですが、旅館の客間に入るまでのタイミングがじれったいという感じで、客間のシャッターを閉めた瞬間に、捜し求めるようにこちらの体躯を求めてきました。その後は、さながら獣ものの喘ぎ音声を上げながら、とことん壊れまくっていましたね。とりわけエロいセックスがしたいという人物は、遠隔ロータープレイを前戯代わりに講じるは超おススメですよ!

PCマックスに登録して新しい出会いを見つけたいな。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ